会社方針

〈経営理念〉
奉仕は、真価の追求なり
啓発は、未来の追求なり
協調は、繁栄の追求なり
〈社 是〉
創り、活かし、満たす
ー 人のお役に立つために、創造提案型企業をめざす ー
〈社 訓〉
感性と実践力を磨き、
健康で豊かな環境づくりに貢献します

サンコーテクノ

サンコーテクノグループ
ロゴマーク

【コンセプト】

グループ各社の啓発された個性
協調しあい、
社会へ奉仕・貢献する。

サンコーテクノグループとして、より高い社会貢献を実現する事を目指しています。

沿革 主な製品開発・販売 その他
平成24(2012)年 デジタルベンダーDTB-165を販売
コードレスカッターDCC-1918Lを販売
平成23(2011)年 ツライチカッターDFC-20Aを販売
油圧パンチャーEP-1506S/EP-1506Lを販売
パワーカッターDPC-16Rを販売
平成22(2010)年 アンカー打込機SD-305C/SD-275C-LH(L型)/SD-333C-LH(L型)をサンコーテクノへOEM供給開始。
平成21(2009)年 鉄筋チップソーカッターDRC-35/DRC-41を販売
DRC-35が日本鉄筋継手協会(旧日本圧接協会)の認定品となる
ツライチカッターDFC-25Cを販売
アンカー打込機SD-385C/SD-325CL(コードレス式)、サイズミックコアドリルSCD-9000をサンコーテクノへOEM供給開始。
平成20(2008)年 コードレスパンチャーEPC-1518Vを販売
スラブメッシュカッターDSC-13を販売
50期を迎える
横浜営業所を開設
平成19(2007)年 コードレスパンチャーEPC-1514Vを販売
鉄筋ベンダーDBD-25Hを販売
鉄筋ベンダーカッターDBC-16Hを販売
手動式鉄筋カットベンダーDBC-13HPを販売
静岡県沼津市に第5工場を開設・稼働開始。
平成18(2006)年 コードレス鉄筋カッターDCC-1314/DCC-1614/DCC-1618を販売
ステンレスパンチャーEP-20Sを発売
45度カッターDC-16T/DC-22Tを発売
ワイヤカッターDCW-22を発売
6月末・社名を「株式会社IKK」に変更
広島営業所を開設
平成17(2005)年 ハイパワーミニコアドリルCD-160Miを販売
鉄筋カッターDC-20DWを販売
平成16(2004)年 サンコーテクノグループの一員となる
平成15(2003)年 ツライチカッターDFC-19Cを販売
平成13(2001)年 鉄筋カッターDC-32WHを販売
平成12(2000)年 コードレスカッターDCC-16Yを販売
ヘッド部回転式鉄筋カッターDC-16Yを販売
鉄筋ストライナーDBR-25を販売
平成11(1999)年 鉄筋カッターDC-29Wを販売
ツライチカッターDFC-16を販売
10月・床材、展示フロアの加工を手掛ける建材加工課を設置
平成10(1998)年 鉄筋チップソーカッターDRC-32を販売
平成9(1997)年 鉄筋カッターDC-20WH/22HL/DC-25Wを販売 住宅課の建材部門としてドアの輸入販売を開始
平成8(1996)年 定置式切断機DTC-32を販売
定置式曲げ機DTC-32を販売
パワーカッターDPC-16を販売
コンパクトコアドリルCDS-130/160/180を販売
平成7(1995)年 コードレスカッターDCC-13Lを販売
差し筋ベンダーDBS-13を販売
商事部に住宅課を新設し、建売住宅の販売を開始
シンガポール事務所をマレーシア(クアラルンプール)駐在員事務所へ移転
不動産事業を開始
平成6(1994)年 鉄筋カッターDC-16LZを販売
ポータブルベンダーDBD-25Lを販売
コンパネクリーナーPC-600Bを販売
油圧パンチャーEP-2006を販売
平成5(1993)年 コードレスカッターDCC-13を販売
ポータブルベンダーDBD-19Lを販売
シンガポールに駐在員事務所を設置
「H社」と「油圧パンチャー」のOEM契約による製造を開始
平成4(1992)年 パイプクリーナーPK-486を販売 「H社」と「鉄筋カッター」のOEM契約による製造を開始
平成3(1991)年 油圧パンチャーEP-1406/1475/2110を販売
マイコンコアドリルCDG-300を販売
オートマチックベンダーDAB-516を販売
自動切断機LSX-16を販売
イタリア・オスカム社の自動鉄筋切断システムT-300の輸入販売を開始
増資により、資本金493,545千円となる
平成元(1989)年 ライトカッターDC-13Lを販売
鉄筋ベンダーDBD-16Lを販売
昭和63(1988)年 油圧パンチャーEP-19を販売
オートマチックベンダーDAB-3/DAB-5を販売
金沢営業所を設置
イタリア・MEP社の全自動鉄筋加工機目P-MM-80の輸入販売を開始
昭和62(1987)年 商事部を設置し、ホームセンター「ミスターワールド」の営業を開始
昭和60(1985)年 鉄筋カッターDC-25Xを販売
昭和59(1984)年 鉄筋カッターDC-20XHを販売
昭和57(1982)年 ロックスプリッターDS-230を販売
レシプロソーDRS-300を販売
昭和56(1981)年 コアドリルCD-130を販売
自動ローディングシステムにLS-12を販売
昭和55(1980)年 NC、最先端自動機械フープスタラップベンダーDAB-150を販売 本社工場敷地内へ、第2工場(大型組立工場)の新設を行う。
昭和53(1978)年 ポータブルベンダーDBD-25を販売 製品の輸出実績が30カ国を超える
昭和52(1977)年 ハンドカッターDHC-50を販売
昭和51(1976)年 コンクリート溝掘機DTC-50を販売
油圧式鉄筋ベンダーDBC-29を販売
昭和50(1975)年 仙台・福岡に営業所を設置
昭和49(1974)年 油圧カッターDC-13を販売
国内・アメリカ・イギリスなどの特許を取得
大阪・名古屋・東京に営業所を開設
昭和48(1973)年 エンジンライトDE-07を販売 沼津鉄工団地(現住所)へ新工場(4,000坪)を建設・移転。
昭和46(1971)年 クリーニングガンCG-01を販売
昭和45(1970)年 中国へ「万能作業機」5,000台の輸出を行う。
輸出貢献企業として、通産大臣より表彰を受ける。
昭和40(1965)年 エンジン削岩機DA-23(万能作業機)を発売
新エンジン構造の開発により、イタリア・オーストラリア・アメリカ・カナダでの特許取得
昭和34(1959)年 自動削岩機IPを販売 石原機械工業株式会社設立